なぜ弟子になった?

今ではサニヤス名とはいっても、全くの自由。

名前のリストもインターネットで公表されているので、自分で好きな名前を付けることも可能だし、その名前を使うも使わないも自由。

唯一条件があるとすれば、瞑想すること。

そもそもOSHOの弟子になるための名前であったということさえも今ではあやしい。

そんなことはおかまいないしに、サニヤス名を名乗ることができる。

だって、そもそもOSHOの肉体はないのだから、弟子になることには意味がない?(なぜ疑問符なのか? これについては、またどこかで書くことになるだろう)

でも、仏陀がいなくなっても仏弟子があるんだから、弟子があっても少しもおかしくはないけれど、OSHOは既成宗教を痛烈に批判した人でもあるので、もちろん後継者も残さなければ、宗教組織も最初からないし、宗教組織でもない。

今ではOSHOと言っているけれども、もともとは、チャンドラ•モハン•ジャインという名前だったし、1970年代、彼が独自の活動を始めたころからはバグワン・シュリ・ラジニーシという名前があった。

でも最晩年、彼は禅の講話についてもっぱら語り、そこではマスターのことを和尚と呼んで、禅問答が繰り広げられていたので、その講話を語っていた彼も、和尚ということになった。

そして、1989年9月からはただ、和尚、とのみ呼ばれることになった。

今から思えば、そのときすでに彼は肉体を離れる準備をしていたのかもしれない。

自分の名前も消して、跡形もなく消え去った。。。

それが和尚、OSHOとなったことの意味だった。

それにしては、膨大な講話が残されているのだが。。。

それはともかく、その当時、彼の弟子、サニヤシンというのは、とんでもない人達が多かった。

当時、彼のサニヤシンは、彼の顔写真の入ったロケットをつけたマラ(バラの木の108の数珠で作った首飾り)を首にぶら下げて、オレンジのローブを着ることも条件だった。
なので、オレンジピープルという呼び名があったくらいだ。

そして、ひげをはやしたヒッピーぽい人達が多く、一般の目から見たら、異様な人達。
ちょっとどころかだいぶ変わった人達が多かった。(でも、自分がサニヤシンになってつきあって話してみると、普通の人たちだったのだが。でも、それは自分が変になったからかもしれない)

「あぁはなりたくない」というか、「あぁはなれない」と思ったのだが、OSHOの本を読だときに、「この人は仏陀だ!」と思ってしまったので、会いたくなってしまった。

当時、私は禅に凝っていて、道元が好きだったし、仏陀のような人に会いたいと思っていたのだった。

禅では、その修行をするにあたって、自分の師に出会うことがとても大切で、昔は修行僧は師を求めて寺から寺へ渡り歩いたりもしたらしいのだが、坊主ではないので、寺の師を求めるわけにはいかず、本を読んで、この人と思った人には会いに行っていた。

そんなところにOSHOの本を読んだものだから、この人には絶対に会いたいと思ったのだった。

というわけで、弟子にはなりたくはないけれど、彼には一目会いたいと思って、当時アメリカにいたOSHOに会いに行ったのだった。

あれほどサニヤシンにはならないと思っていたのに、彼に会って2週間後には、赤い服を着て、マラを下げ、「Gatasansa」という名前になった私がいた。

当時、自分で自分を何とかしようともがいていたのだったが、結局は自分では何ともならない、ということもわかりかけていた。

だって、自分のことがわからないのだから、自分で自分のことを何とかできるわけがないのだ。

OSHOが、このようなことを言っているのを耳にしたことがある。

目の見えない人が目の見えない人を導いてどこに行こうというのかね? 両方ともが溝に落ちるのが関の山だろう。どこかに行きたいのなら、目の見える人が必要だ、と。

私から見れば、OSHOはまさに目が見えている人だった。

覚醒した人、悟りを得た人というのはまさに彼だと確信したのだった。

でも、彼に言わせれば、目の見えない人にとっては、誰が覚醒しているかさえ、見えない、と。

だから、自分がマスターを選んで弟子になると思うのも勘違いで、弟子を選ぶのはマスターの方だ、と。

そういわれてみれば、それは筋が通っている。

理屈はどうあれ、もう自分の限界が来ていたことは確かで、自分ではどうしようもないこともわかった以上、彼に明け渡すしかなかった。

サレンダー。

仏教には三帰依文というのがある。

南無帰依仏
南無帰依法
南無帰依僧。

仏陀に帰依し、
法(真理)に帰依し
僧(サンガ)に帰依する。

というわけで、仏陀に帰依することになった。

OSHOにすべてを明け渡すしかなくなった。

それがOSHOの弟子になった瞬間だった。

アメリカにいた時はよかった。
赤い服を着ていようと、マラを下げようとガタサンサと呼ばれようと、旅の恥は掛け捨て。
誰も私のことを知らないわけだし。

でも、日本に帰った時は、とんでもないことだった。

というわけで、つづきは次回に。

Love

Gatasansa

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村