サニヤスとは その4

私たちは生まれたときに親からつけてもらった自分の名前にとても同一化している。

新しいサニヤス名をもらって、その名前を変えるというのは、それまでの自己同一化を落として、それまでの条件付けから自由になることでもある。

それなのに、やっぱりまたその新しい名前に同一化してしまって、その名前に執着したりすると、なんのために新しい名前をもらったのかわからなくなる。

サニヤス名というのは、常に自分に気づきをもたらし、瞑想することを思い出すためのものとしてあることを忘れないようにいたいものだ。

「あなたが生まれたその瞬間、あなたの最初の呼吸から条件付けは始まる。それは避けられない。

両親があなたを条件付ける。あなたと一緒に遊ぶ子供たちがあなた を条件付ける、近所の人たちがあなたを条件付ける、学校が、教会が、国家があなたを条件付ける。

そして、意識的には条件付けされることはそれほどないが、子供たちは無意識に条件付けを溜め込みつづける。

子供は模倣によって学ぶのだ。だから、思い悩むことはない。これが世界の通常の状態だ。

すべての人が条件付けられている。そして、すべての人がその条件付けから抜け出てこなければならない。

それは難しい。それは、洋服を脱ぐようなものではない。

――それは、あなたの皮膚を剥ぐようなものだ。

これは、辛い、これは、骨が折れる。なぜなら、私たちは条件付けと同一化しているからだ。

私たちは自分自身を、カトリック教徒として、共産主義者として、ヒンドゥー教徒として、イスラム教徒として、キリスト教徒としてのみ知っている。そして条件付けを落とすことの最大の恐怖は、あなたがアイデンティティの危機に陥るかもしれないという恐怖だ。

だからこそ、サニヤスがある。サニヤスとは、あなたが奈落の底、底なしの奈落に落ちていくと感じはじめることのないよう、あなたを助ける仕掛けにすぎない。私はあなたの条件付けを取り去る。―あなたは非常に空虚に感じるだろう。

-私は、しばらくの間何か遊べるものをあなたに与えなければならない。サニヤスとは、しばらくの間の遊ぶ玩具のことだ。

しかし、サニヤスは、それが条件付けには決してならないような方法であなたに与えられる。それは遊びのままでありつづける。それはスポーツのままでありづづける。

――あなたはそれに巻き込まれつつも、観照者のままでいなさい。

条件付けを落とすのは、むずかしい、なぜならそれは、あなたの過去すべて、あなたの思考、あなたのエゴ、あなたがそうであるすべてだからだ。しかし、もしあなたに準備ができているなら、もしあなたに勇気があるなら、もしあなたがわたしと一緒についてくるだけのガッツを持っているなら、それは可能である。不可能ではない」

OSHO, Be Still and Know, Number 7

サニヤスについての詳しくは以下を参照してください。
http://www.neosannyas.org/osho-on-sannyas/japanese.aspx

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村