自分自身であること

自分自身であることは
満足するために必要なものすべて──
自らの生に意義と重要性を与えるものすべてをもたらす
ただ自分自身であり
自らの本性に従って成長していけば
あなたは天命を全うするだろう
   ──OSHO 「ゴールド・ナゲッツ」

OSHOの言葉は、ひとこと、ひとことが深く熟考する言葉となる。
そのひとこと、ひとことが瞑想の言葉となる。

ゴールド•ナゲッツには、そういうOSHOの英知の言葉が編集されているので、毎朝、そのひとことを読むだけでも、自分の人生を振り返る機会となる。

「自分自身であること」という言葉でさえ、深く考えていくと、それだけでも1冊の本になるだろうし、一生のテーマと言っても良い。

ある意味、私自身も「自分自身であること」、そもそも「自分は誰か?」ということを求めてOSHOに出会ったのだから。

「自分は誰か」と問うことは、それだけでも、人が人生を生きるにあたっての永遠の問いであり、その問いを問うことが禅の公案にもなっているし、ラマナ・マハシリのようにその問いを問うことで悟りを得た人もいる。

「自分は誰か?」という問い、あるいは「父母未生以前の本来の面目如何?」ということが禅の公案になっているということは、それは頭で考えても解くことができない問題、ということでもある。

だからといって最初から考えない、というのではなく、頭で考えて、結局どこへも行き着かない、ということがわかって、はじめて頭以外の解決法を求めることに頭は同意する。

あるいはその公案を考え抜いた末、突然、頭(マインド)から外れて、悟りの一瞥をえるかもしれない。

そこでまず、自分が自分だと思っているのは本当の自分だろうか?
ということから問いを考えることからはじまる。

少し考えればわかるけれども、「自分だ」と思っているのは、実は生まれてからこれまで人から聞かされ、その情報をもとに自分が受け入れ、信じ込んできている人からの意見の寄せ集めだということがわかる。

赤ん坊や幼児は白紙の状態で生まれてくるのだけれども、そこに両親や家族や教師や社会からのさまざまな情報が入り込んでくる。

それらのまわりからの自分に対する評価や期待、自分の経験や社会のもろもろの規則や信念などを聞かされ、それを意識的、無意識的に受け入れて自我が形成される。

その自我が自分だと思ってしまっているわけだけれども、それが果たして本当の自分自身なのだろうか?

その「自分」が両親の評価や期待だったとすれば、自分が望んでいると思っていること、例えば家を継ぐことやいい大学に入って、いい会社に就職することは、結局は本当に自分の心から望んでいることではなくて、どんなにその欲望を満たしても、それは自分自身を生きることではなく、人の期待を満たすための人生だったということに気づかされることにもなる。

そういう意味では、今上映されているNHKの朝ドラの「まっさん」は家の酒造ではなく、ウイスキーを作りたいんだという自分自身に気づいて、その自分自身に正直に生きた人なんだろうと思う。

だから彼は、たとえどんなに苦しんだり、苦労したとしても、満足する人生を歩んだ人なんだと思える。

もちろん社会生活を生きるうえで、愛する両親の望みやまわりの期待に応えることは意味あるものであったりもするので、それを否定する必要はないけれども、実は本当の自分自身はそれとは別のところにあるのかもしれないと気づいていることは、自分が本当に幸せな人生を生きるためには必要なことになってくる。

そういう自分自身がわかっていれば、社会の評価や周りからの期待とは関係なく、自分自身にとっての幸せとは何か、ということがわかるようになる。

それがわかっていれば、社会やまわりから評価されなくても、自分自身に取っては満足し、幸せな人生は送ることができる。

幸せかどうかは結局は自分が幸せと思えるかどうかだけの問題なのだから。

でも、自分自身がわからないかぎり、自分の幸せがなんなのかさえわからない。

自分自身を生きていなければ、結局は人の人生を生きていた、ということにもなりかねない。

自分自身であることさえできれば、自分に本当に満足を与えてくれるものが何かということがわかるし、自らの本性に従って成長することもできるし、それが自分自身の天命を全うすることになる。

だから自分の人生の目的や使命、意味、あるいは人生のゴールを考える上では、自分自身とは本当に自分自身なのか、ということを問うてみることも必要なのかもしれない。

それがわかれば、天命を全うすることができる。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村