沈黙の音

内側の探求のためにすべての叡智を捧げた国、チベット。

今回のOSHOの講話では、その叡智のエッセンスについて語られています。

究極の経験を表すひとつの言葉。

それについては、OSHOといえども、話すことはできません。

  それについて話すものではない
  もし話したら あなたは
  本物を見逃すだろう
  あなたはそれを聴かなければならない

禅では隻手の音声を聞け、という公案があります。

片手だけの音を聞く。

そういえば、20年以上前になりますが、インドから来日していたマスターについて3日間、ひたすら「無音の音を聞く」という瞑想をしたことがあったのを思いだしました。

最初は一生懸命、外側の音を聞くように、耳で聞こうとするのですが、それでは聞こえるはずがないのです。

OSHOが言うには、私たちには外側を経験するための6つの感覚があるのとちょうど同じように、内側を経験するための6つの感覚があるといいます。

その内なる感覚で聞くことのできる音なのです。

OSHOが、このような秘教的なことを語るときは、微に入り細に入り語ってくれていますので、その話そのものがその瞑想の仕方だったりもします。

OSHOの沈黙の音へのいざないをお聞きください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。それでも表示されない時は「設定」でJapaneseないし「日本語」を選択してください。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村