セックスと死

今回は「セックスと死」という二つのタブーについてOSHOが語ります。

  だからこうした2つのことが世界中でタブーとなったのだ
  セックスと死
  その両方が隠され続けている
  誰もセックスについて話さない

  私が世界中で非難され続けてきたのは
  私がこれらのタブーについて ただ
  包み隠さず話したからだ

  私は生についてのすべてをあなたに知って欲しい
  セックスから死に至るまで
  そうしてはじめてセックスと死について超えていける

どのように超えていけるのか?

それはOSHOから直接聞いてください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。それでも表示されない時は「設定」でJapaneseないし「日本語」を選択してください。

OSHOの新刊「死について 41の答え」

★新刊の目次および一部は、以下よりお読みいただけます
 ⇒ http://oejbooks.com/news/book1.html

★新刊の立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、「死について 41の答え」の一部を読んでいただけます。
 ⇒ http://oejbooks.com/newsletter/art_living_dying.html

この立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、書店で少し立ち読みしていただくような感じで、ページをぱらぱらめくりながら、その内容から、面白そうなところを拾い読みする感覚で、本の内容を読んでいただけるようにご案内しています。

紀伊国屋書店新宿本店3階(人文)OSHOフェア開催中
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/
OSHOフェア 好評につき、3月まで延長されました!
OSHOのさまざまな本、絶版間近な本などが置かれています。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村