宗教とは革命だ

このOSHOブログでは、OSHOの言葉やユーチューブ等を紹介していますが、OSHOについて語ることは、どんな言葉も無益であり、それらはすべて役に立たないし、無意味なものです。

そういうことを知りながら、こういうブログを立ち上げて、OSHOのことを紹介しているなんて、自分はいったい何をしているんだと思いますが、今のところ、他に紹介するすべがないのでそうしています。

実際はOSHOのことを本当に知りたければ、OSHOに自分で出会ってもらうしかないわけで、その機会の提供がこのブログの役割で、それ以上でも以下でもありません。

このブログを読んでOSHOを理解することはできませんので、念のため。

今回は、そのことをOSHO自らが語ってくれていますので、そのOSHOの言葉を紹介します。

「宗教とは革命だ」

とOSHOは言います。

その革命を自らの内に起こした人が「宗教的な人」です。

そして、その「宗教的な人」とはOSHO のことでもあります。

OSHOは語ります。

  宗教とは革命だ
  すでに存在しているものに服従することではないし
  また知的に獲得する信念でもない
  それはあなたがたの存在が根こそぎ転換することだ

でも、そもそもここでいう「宗教」とは何でしょう?

OSHOは語ります。

  では「宗教」とはなんだろう?

  宗教とは「あなた」は失われ、
  大いなる<実在>だけが在るという
  大洋的な広大な感覚だ

  それは死と復活だ
  今あるあなたは死に
  全面的に新しいあなたが復活する
  古きものの死のなかから
  まったく新しい何かが生じる
  古きものの墓の上に
  何かが芽生えて新しい花を咲かせる

  宗教とは内なる革命 内なる突然変異だ

今回の「あなたが死ぬまでは」で話されるスーフィーの逸話は「宗教的な人」についてです。

それでは、OSHO によると、「宗教的な人」とはどのような人のことをいうのでしょうか?

OSHOは語ります。

  宗教的な人はきまって誤解される
  誤解されないとしたら
  その人は宗教的な人ではない

  人間は<生>に対して
  非宗教的な姿勢をとりながら生きている
  宗派的であっても 宗教的ではまったくない
  だから宗教的な人はよそ者だ

  あなたがたがその人について語ることは
  なんであれまちがいだ
  なぜならあなたがた自身がまちがっているからだ

  それに憶えておくがいい
  その人についてあなたがたが何を言おうと
  ──たとえその人に好意的なことを言っても
  それが正しいとはかぎらない
  好意的であろうが敵対していようが関係ない──
  どんなことを言おうと
  あなたがた自身が宗教的な意識にならない限り
  それはまちがっている

  そうなるまでは あなたがたがその人に表す
  崇敬の念は偽りだし 非難もまた偽りだ
  その人のことを賢人だと考えたとしても誤解だし
  罪人だとみなしても またまた誤解になる

  したがって 憶えておくべき第一のことはこれだ
  「あなた」が正しくならないかぎり
  何を言おうと 何をしようと どのように在ろうと
  それはまちがっているということだ

  宗教的な人というのはとてつもない現象
  なんとも不可思議な現象だ
  あなたがたはその人について語るための言語がない
  その人に関してはどんな言葉も無益だ
  あなたがたの使う言語は
  すべて役に立たないし無意味になる

  というのも 
  宗教的な人が宗教的であるのは
  あらゆる二元対立を超えているからであるのに
  言語自体は二元性の内側に存在するものだからだ

  もしその人を善い人だと言うなら
  あなたはまちがっている
  悪い人でもあるからだ
  が 悪いと言ってもこもまたまちがい
  善い人でもあるからだ

  そうなると厄介なことになる
  あなたがたは善人がどうしてまた悪人でもあるのか
  理解に苦しむだろう
  あなたがたに知覚できるのは全体の一部だけ
  残りの部分は必然的に逆になる
  そうであらねばならない

今回で「あなたが死ぬまでは」の講話シリーズが終ります。

そこでOSHO から、次の最後の言葉で締めくくってもらいましょう。

OSHOは語ります。

  大事なことはこれだ
  あなたの内部に宗教的意識が生まれ
  覚者の境地を
  <覚醒>の光を受胎する時には
  あなたは自分の中に<覚醒>を子供のとして宿す
  そしてあなたは死ぬ
  両方が生きることはできない

  これこそ この講話シリーズのメッセージのすべてだ!
  「あなたが死ぬまでは」何ひとつ可能ではない

     「あなたが死ぬまでは」   
       第十章 バラはバラはバラ

  http://oejbooks.com/products/dtl_3.html
 
☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村