なぜ、私たちは愛にあふれた存在ではないのか?

私たちは愛について語り、愛を求めます。

でも、どうして愛がいつも永遠のテーマになり、愛をつねに求め、愛を得られないことが悩みの種になり、愛することがこんなにも難しくなっていたりするのでしょう?

それは私たちが愛の根に注目したことがないからだとOSHOは語ります。

それでは愛の根とはなんでしょうか?

OSHOは語ります。

私たちは愛の根に注目したことがない
そして花についてだけを語っていた

私たちは人々に言う──
非暴力でありなさい
慈悲深くありなさい
敵を愛するほど、隣人さえ愛せるほど愛にあふれていなさい──

愛の花については語るが
その根に関心をもっている人はひとりもいない

問題は……
なぜ、私たちは愛にあふれた存在ではないのかということだ

それは
この人、あの人、友人、敵に対して
愛にあふれているかどうかではない
問題は、あなたが愛にあふれているかどうかだ

あなたは自分の肉体を愛しているだろうか?
自分の肉体を気遣い、愛を持って触れたことがあるだろうか?
自分を愛しているだろうか?

あなたは間違っている──
自分を正さなければならない──
自分が罪人だとすれば、聖人にならなければならない

──どうやって自分を愛せる?
自分自身をも受け容れることができないというのに──

自分自身を受け容れること── それが根だ!

プラスティックの造化は、いつまでも変化しない
プラスティックの愛は変化しない
生ある花は変化しないで入られない

刻一刻と変化してゆく
今日はそこにあり──
風に吹かれ、陽を浴び、雨の中で舞っている
だが明日はもう見えない

それは
表れた時と同じ神秘さをもって消えてしまった

真の愛は生きた花のようだ

ゴールドナゲッツ
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4900612189/oshoartunity-22/ref=nosim

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村