セックスはタブーではなくなる

セックスが苦い体験、嫉妬、挫折感を生み出さず
たんに娯楽、ほかのすべてのゲーム以上のものではない─
たんなる生物学的なゲームになるような生をなぜ創造しない?

テニスをするからといって
一生同じ相手としなければならないということはない

生はもっと豊かであるべきだ
ほんの少しの理解があれば、
それだけで充分だ

そうすれば
愛はやっかいな問題ではなくなる
セックスはタブーではなくなる

ゴールド・ナゲッツ

どうしてセックスが苦い体験、嫉妬、挫折感を生み出しているのでしょうか?

それはセックスに多くのものを同一化しているからです。

セックスと愛を同じものだと考えていたり、セックスとモラル、セックスと結婚、セックスと人生、セックスと自己価値、セックスとありとあらゆるものがくっついて考えられています。

セックスはもっとも人間の基本的、根本的な欲望とも結びついていますし、もっとも大きな関心事でもあります。

生物学的には種の保存とも関係していますし、個人にとっても命の始まりはセックスなわけですし、子孫を残すのもセックスです。

それほどセックスというのは大切な意味を持ち、でも反面宗教的、社会的にはセックスはタブーになっていて、おおっぴらには語られないようになっています。

だからこそ、三面記事にはもってこいの題材ですし、ニュースになります。

そこでOSHOが

セックスは
たんに娯楽、ほかのすべてのゲーム以上のものではない―
たんなる生物学的なゲームになるような生をなぜ創造しない?

テニスをするからといって
一生同じ相手としなければならないということはない

なんていうことをいうと、すべてのニュースやゴシップがこの言葉に集中してしまいます。

OSHOが語っていることの真意がすべてふっとんで、この表面的な「セックス」ということにすべての関心事が集まってしまうようです。

でも、そこでセックスについての自分の思い込みだけでOSHOの言っていることをジャッジするのではなく、ここでOSHOはセックスについて何を言おうとしているのか?

ということを考えるきっかけにしてもらえると、この言葉は自分のセックスについての見方、愛や人生についての見方を根本的に変えてしまうパワーを持っています。

もしあなたがセックスに関連して、苦い体験、嫉妬、挫折感を味わっているとしたら、その必要もないということがわかるでしょう。

もしあなたの人生でセックスにまつわる苦い体験、嫉妬、挫折感がなくなるとしたら、あなたの人生はどのようになるでしょう?

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村