楽しくありなさい

楽しくありなさい
幸福でありなさい

自分が滲めでもなく
苦しんでもいないという事実──を喜びなさい──

私がそう言うとき
その背後には,ひとつの目的がある

その目的とは、生もまた喜びになり得るということを
完全に忘れてしまった人々に対して
あなたがひとつの模範にならなければならないということだ

あらゆる暗闇にもかかわらず
あなたはそれでもなお、その暗闇から解かれ、踊ることができる

暗闇にダンスを妨げることはできない
暗闇にその力はない

私にとっては
それが真の貢献だ

ゴールド・ナゲッツ

暗闇にはパワーはない。

暗闇とは闘わないこと。

もともとないものに対して闘うことはできない。

しかし暗闇と闘おうとすると、それは強大に思える。

例えば地下室に閉じ込められて、その暗闇に対してやみくもに闘おうとすると、あなたは自分を傷つけることになる。

地下室に置いてあった家具やガラクタにぶつかり、壁にぶつかり、それが自分に襲いかかってくるかのように感じられ、さらに闘うことで自分を傷つけてしまう。

しかし、あなたがすべきことは、ただ灯りをつければ良いだけだ。

すると暗闇は直ちに消える。

そこに置いてあったのは家具やガラクタで、それらと闘う必要さえもなかったことがわかる。

暗闇と闘う必要はない。

ただ、気づきの光を灯すだけで良い。

というようなことをOSHOがどこかで語っていたことを思い出します。

楽しくあること。

幸福であること。

踊ること。

それは暗闇に光を灯すことです。

暗闇に対して何かをしようとする必要はありません。

暗闇は、何かの不在を表しているだけなのです。

楽しさの不在。

幸福の不在。

ダンスすることの不在。

不在にフォーカスする必要はありません。

今自分が楽しめること、幸せに感じること、踊ることにフォーカスしましょう。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村