美しい個人になる

自分が真実とともにあると感じるときに
全世界に対抗してひとりで立つことは人間の特権
人間だけの特権だ

その道が自由にいたる道だと感じるなら
どのような責任でも受け容れなさい

そのようなときは
いかなる責任も重荷にはならない

それによってあなたはさらに成熟し
さらに中心に向かい
さらに根づき
さらに美しい個人になる

ゴールド•ナゲッツ

私の知っている限り、真実とともにある人をひとりあげるとしたら、それはOSHOです。

言葉に嘘がない人。その言葉をそのままに生きている人です。

OSHOの言葉に真実が宿っているのは、その言葉を生きているので、そこにOSHOのリアリティを感じるからでしょう。

OSHOの人生をみたときに、彼ほど、全世界に対抗してひとりで立った人はいないでしょう。

ガンジーの人生を見たときにも同じことを感じます。

ガンジーは真実とともにあり、ひとりでイギリスに対抗した人でした。

それでインドは独立を果たし、インド独立の父といわれています。

OSHOの言動を見聞きして思うのは、彼は何よりも自由を尊重した人だということです。

彼は誰に対してもその人の自由意思を尊重し、何かをすることを押しつけるようなことはなかったといいます。

自由であれと語り、何よりも自由を尊重し、自由に生きた人です。

真実と十二位北がために、アメリカ政府に対抗し、ワールドツアーの際には、世界からの入局拒否にも会いました。

真実とともにあり、自由にいたる道だと感じる道を歩むこと。

それが、自分がさらに成熟し、さらに中心に向かい、さらに根づき、さらに美しい個人になる道だとOSHOは語ります。

OSHOほど美し人を見たことがありません。

その立ち居振る舞い、しぐさ、言葉、容姿、そのどれをとっても、これほど美しい個人がいるのかと思うほどでした。

その美しい人であることの秘密がここに語られています。

真実とともにあること。

自由にいたる道だと感じる道を歩むこと。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村