独りであることと孤独であること

人はまだ
く独りであることaloneness>の美しさを学び知ってはいない

人は何らかの関係性
誰か──友達、父親、妻、夫、子供─
とともにいることをつねに追い求めている
誰かとともにいることを……

人は社交界をつくった
さまざまなクラブ──
ライオンズ・クラブ、ロータリー・クラブをつくった

政治的、思想的な団体をつくった
宗教、教会をつくった

だが、それらすべてが根本的に求めているのは
何とかして自分が独りであることを忘れたいということだ

あなたは多くの群衆と関わることによって
暗闇のなかで突然、思い出すこと──
自分は独りで生まれ、独りで死に
何をするにしても
独りで生きるということを忘れようとしている

独りであることはあなたの実存にとって
非常に本質的なことだ
それを避ける途はない

ゴールド・ナゲッツ

独りであることと孤独であることの違いをOSHOはここで語っています。

「独りであること」というのはOSHOは英語では “aloneness” という言葉を使っています。

「孤独」は” lonelhess “という言葉をOSHOは使っています。

「独りであること」は美しいとOSHOは語ります。

そして「独りであること」は実存にとって本質的なものであり、避けることはできない、と。

自分は独りで生まれ、独りで死ぬ

独りであることはあなたの実存にとって
非常に本質的なことだ
それを避ける途はない

このように、「独りである」というのはどういう状態なのでしょうか?

そのヒントは次の言葉に示されています。

独りであることは、まさに完成を意味する
あなたは完全だ
自分を完成させるために、ほかの誰も必要としていない

だから
あなたのもっとも内奥にある中心を
見つけようとしてごらん

それは「独りであること」はもっとも内奥にある中心だということを言っています。

そしてその独りであることはどういう状態なのかというと、次のように語っています。

そこであなたはつねに独りだ
今までもつねに独りだった
生において、死において、どこにいてもあなたは独りだ

だが、それはあまりにも満ち足りている──
空虚ではない──

つまり、独りであることは

あまりにも満ち足りている──
空虚ではない──
 と。

しかし、人々は「独りであること」と「孤独」であることを混同してしまっています。

そして、孤独であることを恐れて避けようとしています。

そのことについてOSHOは次のように語っています。

く孤独を避けるための試みはすべて失敗に終わった
そして、これからも失敗するだろう
なぜなら、それは生の根本に反するからだ

必要なことは、自分の孤独を忘れさせてくれる何かではない
必要なことは、独りであることへの自覚だ─
独りであること、それはリアリティだ

それを体験し
それを感じることは非常に素晴らしい
なぜなら、それは群衆からの、他者からの自由だからだ
それは寂しさの恐怖から解放されることだ

「寂しい」ということばだけでも
すぐに何か傷のようなもの
それを満たすために何かが必要だということをあなたは想起する

それは隙間だ
それは痛む

それを埋めるための何かが必要だ
「独りであること」─
そのことば自体には
ある種の傷──
埋めなければならない隙間というような感覚はない

独りであることは、まさに完成を意味する
あなたは完全だ
自分を完成させるために、ほかの誰も必要としていない

だから
あなたのもっとも内奥にある中心を
見つけようとしてごらん

そこであなたはつねに独りだ
今までもつねに独りだった
生において、死において、どこにいてもあなたは独りだ

だが、それはあまりにも満ち足りている──
空虚ではない──

あまりにも満ち足り、あまりにも完璧であり
生のあらゆる豊潤さ
そして存在のすべての美と祝福に満ち溢れている

だから、一度自分が独りだということを味わえば
ハートの痛みは消えてゆく

その代わりに途方もない甘露─
穏やかさ─
喜び─
至福による新しいリズムがそこにある

それは独りであることに中心を持っている人─
自分を完成した人が友人を持てないという意味ではない
事実、そのような人だけが友人を持つことができる

なぜなら―、それはもはや欲求ではなく
まさに分かち合うことだからだ

その人はあまりにも多くを持っている
だから分かち合うことができる

ゴールド・ナゲッツ

この「独りであること」と「孤独」の違いは、ユニティインスティチュートの「意識の多重構造マップ」を見ることでよく分かるようになります。

意識の多重構造マップ

簡単にいえば「独りであること」はこの意識の多重構造マップの中心にいるときに得られる感覚です。

そして「孤独」は意識の多重構造マップの表層のマインドにいるときの状態です。

表層のマインドの意識では、一人ひとりが分離している状態ですので、競争と比較で頭がいっぱいになっているので、まわりはみな敵であり、世界は敵であり、自分の生存のためには戦い、争い、奪わなければ、生き残ることはできません。

必然的に孤独の中にいることになります。

中心では、すべてがつながっています。愛があります、慈愛や信頼があります。そこはすべてが充たされている場です。

中心では、ひとりでありながらも宇宙ともひとつであり、すべてとつながっている感覚があります。

つまり、独りであることと孤独との違いは、意識の多重構造の中で、表層の意識での「ひとり」なのか、中心ないし本質の層での意識での「ひとり」なのかということの違いになります。

そしてその中心ないし本質の層につながる方法のひとつがハート瞑想です。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村