OSHOが直接語る 今、ここに生きるとは?

時間は三つの時制──
過去、現在、未来からで来ていると考えられている
それは間違っている

時間は過去と未来だけでできている
現在からできているのは生だ

だから生きたいと思う人は
この時間を生きる以外に道はない
存在するのは現在だけだ

過去とは、記憶の寄せ集めにほかならない
そして未来とは、あなたの空想、夢にほかならない
リアリティは<今、ここ>だ
     ゴールド•ナゲッツ  OSHO

「今、ここ」という言葉はあちこちで目にします。
でも、本当に今ここに生きるって、わかったつもりにはなっても、なかなか頭ではわからないものです。
だって、<頭>にいる限り、あるいは<頭>で考えている限り、すでに過去か未来にいることになるので、決して今ここにはいないことになっているからです。

今ここにいるということは、サイレンス、内なる静けさのなかにいること。
そのとき、すべての心配は消え去る
そして、この瞬間のなかから喜びがわき起こる、
とOSHOは語ります。

それはまさに、「今、ここに生きる」OSHOが語ることのなかから、それが伝わってきます。

この動画は、あるジャーナリストとのインタビューでOSHOが語る言葉です。

そのジャーナリストは、OSHOに「人生の哲学」について質問します。

そして、これがOSHOの答えです。

ぜひ、OSHOの口から直接、<今、ここに生きる>ことについて聞いてみてください。

(日本語の字幕がついてます。日本語字幕が表示されない時は、右下の「字幕」をクリックしてください)

以下はその一部の抜粋です。

私たちの手中には現在の瞬間のみ、
今、ここだけだ。
そしてこれは奇跡的な体験だ。
もし昨日がなく、
明日がなかったら、
そして今この瞬間にあなたがいたら、
サイレンスにあれば、
すべての心配は消え失せる。
すべての想像すること、夢見ること、投影することは消え去る。
それは、あなたがこの瞬間を楽しまなくてはならないということではない。
この瞬間の中からその喜びが沸き起こるのだ。
だがあなたは決してここにいない、あなたはつねに他のどこかにいる。
あなたは決して今の中にはおらず、
あなたは常にあのときにいる。
さもなければ、すべてが手に入るのに、
だがあなたが、不在だ。
私が、私の人びとに理解してほしいのは
非常に単純な事実だ──哲学ではない。
それは実在するものであって、哲学的なものではない。
この瞬間にいて、
そしてそこから何が起こるかを見なさい。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村