もし誰かがあなたを怒らせたら

もし誰かがあなたを怒らせたら、あなたはどうしますか?

これは、グルジェフの父が、グルジェフに遺した最後の遺言です。

この言葉には人生についての大いなる洞察が含まれています。

もし誰かがあなたを侮辱したり、あるいは何かをしでかして、あなたをとても怒らせたときに、この言葉を知っていたら、人生もずいぶん変わるでしょう。

それは単に怒りが生じたときには限らず、いろんなことにも応用できそうです。

グルジェフは20世紀最大の神秘思想家のひとりとも言われ、お父さんは吟遊詩人だったと言われています。

OSHOは語ります。

  グルジェフの父親は死の間際だった
  彼の、グルジェフへの最後の言葉は
  とても意味深い

  かつて これほどの洞察を
  息子に与えた父親はいなかっただろう
  グルジェフはたった9歳だった

  父は言った
 「私が言うことを今のお前が理解できるとは思っていない
  しかし もう時間がない
  今言わなくてはならない
  お前には時間がある
  今からいう言葉を覚えておきなさい
  この言葉の意味を理解できるほど大きくなったら
  この言葉に従って行動しなさい
  忘れてはいけないよ 単純な言葉だ」

  彼はグルジェフに その言葉を3回繰り返すように言った
  安心して逝くことができるように

  彼は言った
 「ゆるしてくれ、私がお前に遺してやれるのは
  ただこの言葉だけだ」

そこで父親はグルジェフにあるアドバイスを与えます。

OSHOは言います。

  奇妙な忠告だ
  しかし もし理解したら 奇妙ではない
  そしてこの単純な忠告が グルジェフの全生涯を変えた
  このひとつの言葉が
  ジョージ•グルジェフのような男をつくり上げた
  そして こういう類いの男が出来上がるには 何世紀もかかる
  その年老いた男は たいした洞察の持ち主だったに違いない

父親がグルジェフに与えたアドバイスとは?

それでは、OSHOの語りをお楽しみください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村