クールな愛

今回のOSHOへのお話は「Coolness of Love」についてです。

ここで、Coolness というのは、ホットでもなくコールドでもない、ちょうどその中間にあるのが愛だ、というふうにOSHOは語っています。

通常私たちは、情熱的な愛を求め、その情熱が愛だと思っていますが、OSHOは情熱は愛ではない、と明言しています。

なぜ、情熱が愛ではないのかは説明が長くなりますし、中途半端に説明すると誤解のもとになりますので、直接OSHOから聞いていただくのがよいと思います。

とはいえ、OSHOから聞いても、なかなか受け入れがたいかもしれませんが、どう受け取るかはお任せします。

また、そのホットの真逆がコールドですが、OSHOはそれは情熱を放棄してしまった人のことで、死んでしまったと同然だと言います。

この言い方もちょっと過激なので、文章にするには憚れますので、ここには書けません。

オランダの出版社が、OSHOの本はこれ以上出版できないという意味がよくわかります。

でも、OSHOは詩人でもあるので、OSHOの言葉は美しいです。

そのクールな愛とはどのような愛なのか?

そのOSHOの言葉を少し書いておきますね。

  ちょうどその二つ(ホットとコールド)の間には
  愛の涼やかさ(クールネス)がある
  愛は冷淡ではない
  そして愛は熱くもない
  それは涼しいそよ風だ
  新鮮なそよ風だ
  早朝のそよ風だ
  それがあなたにそよいだら
  あなたは感じるだろう
  再び若返ったように
  新鮮さを取り戻したように
  まるで突然シャワーを浴びたかのように

  愛は与える
  自身のハートを他者に
  それは何かを得たいという欲望ではなく
  何かを分かち合いたいという渇望だ
  満たされたものの
  平安と静けさと歓び
  そしてこれらを分ち合いたい
  近しい人たちに
  その人たちは友人かもしれない
  その人たちは夫 妻 子供 父
  母かもしれないし 誰でもだ
  愛にははかりしれない涼やかさがある

その涼やかな愛こそが世界を救うとまで、OSHOは語っています。

では、その涼やかな愛をどのようにすれば手に入れられるのか。

それについてはOSHO から聞いてください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。それでも表示されない時は「設定」でJapaneseないし「日本語」を選択してください。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村