ドラッグの使用について

今回のOSHOへの質問はこうです。

「違法なドラッグの使用が北米で社会問題になっています。
 コカインやマリファナについてご意見は?」

例によって、OSHOはここでも爆弾発言。

いつもはOSHOはドラッグに対しては無意味で、害があるというふうに言っているのに、いったいOSHOは何を言っているんだろう? と質問者でなくても心配になりました。

OSHOは学生時代にディベートのチャンピオンだけあって、どんな立場でも論陣を展開するとができるのでしょうが、毎回のそのみごとな展開には驚かされます。
そして、最後には納得させられてしまいます。

OSHOは語ります。

 はっきり言って 政府機関は取り締まる代わりに
 科学者を支援して 副作用の少ない
 安全なドラッグを開発すべきだ

 この状況は馬鹿げている
 禁止するということは
 それに大変な価値を与えるということだ
 特に若者に取っては
 挑発しているようなものだ

 すべては政府の責任だ
 若者たちが ドラッグによって
 廃人になっている
 そんな必要はないのに

そのあともOSHOがあまりに安全なドラッグを開発すればいいだけだ、というようなことを言うので、質問者はしびれを切らしてOSHOを遮って質問します。

  でも、このコミューンではドラッグを許していませんね

OSHO
  していない

質問者
  だったらコミューンの外ではいいというのですか?

ここから、OSHOは意外な事実を語りはじめます。

なぁ~るほど。そういうことだったかのかぁ。

ここは下手にOSHOの言っていることを書き写すより、OSHOの見事なディベート術を堪能してください。

単なるディベート術ではなく、それはOSHOの深い人間洞察のなせる技でもあります。

OSHOの人間の心理の洞察の深さにはいつも感心させられます。

しかも、それは子供の頃からだったのですね。

OSHOの本領発揮の弁論を聞いてください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。それでも表示されない時は「設定」でJapaneseないし「日本語」を選択してください。
字幕が隠れて見えない時は,カーソルを画面から移動してずらすと、見えるようになります。

OSHOの新刊「死について 41の答え」

★新刊の目次および一部は、以下よりお読みいただけます
 ⇒ http://oejbooks.com/news/book1.html

★新刊の立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、「死について 41の答え」の一部を読んでいただけます。
 ⇒ http://oejbooks.com/newsletter/art_living_dying.html

この立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、書店で少し立ち読みしていただくような感じで、ページをぱらぱらめくりながら、その内容から、面白そうなところを拾い読みする感覚で、本の内容を読んでいただけるようにご案内しています。

紀伊国屋書店新宿本店3階(人文)OSHOフェア開催中
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/
OSHOフェア 好評につき、3月まで延長されました!
OSHOのさまざまな本、絶版間近な本などが置かれています。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村