源にもどる旅

「私とはなにか」

それは哲学的な問いとなり得ます。

しかし、OSHOは哲学的な回答をしません。

質問者が、実際にそのことを体験できるようにと、そのための瞑想をガイドします。

シュンニョは書いています。

「私はひとりで、松やユーカリの並木のある美しい通りを散歩しました。季節はずれで別荘地はがらんとしています。

私はそうして散歩しながら『私とはなにか』を理解しようと試みました。

どれだけ考えても答はでません。疑問はなくなりませんでした。

目を閉じると、波のように打ち寄せてくるエネルギーがあります。私とはそのエネルギーなのでしょうか?

それとも私とは、そのエネルギーの表現なのでしょうか?

それとも私とは、そのエネルギーの気づき(アウェアネス)なのでしょうか?

OSHOはこんなふうに言います―――

アウェアネスというかたちになったエネルギーは、存在の中心のもっとも近いところにある・・・・・・

すべてはひとつのエネルギーだ・・・・・・

だが、思考や表現においては、エネルギーは周縁部へと向っている。

OSHOは言います―――

一歩一歩、うしろのほうに落ちてゆきなさい。

・・・・・・それは源にもどる旅だ。

そしてその源こそ、あなたが体験するべきものだ。

それはあなただけの源ではなく、もろもろの星や月や太陽の源でもあるのだから。

それは万物の源だ」

  「OSHOと過ごす、ダイヤモンド日々」
      http://u111u.info/kBc1

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村