これまでの人生の終わり

アメリカのOSHOのコミューンに2週間滞在してOSHOの弟子になった私は、日本に帰る前に、そこで知り合ったロサンゼルスに住んでいた友人の所に遊びに行った。

彼はサーファーで、サーフィンをしたくて、ロスのラグナビーチの近くに住んで、寿司屋でバイトをしていた。

彼のところに数日居候した私は、彼につきあって、夕方からその寿司屋でバイトもしたのだが、楽しい経験だった。

アメリカではバイトの基本給は知れたもので、チップが大きな収入源となる。

そのチップはガラス瓶に集められ、それをみんなで分けるようなシステムになっていたのだが、サービスを気に入ってチップを多くテーブルに置いていってもらえるのは喜びだった。

そのバイトをしたのは、赤い服を着て、マラを下げたガタサンサだった。

アメリカでは私がどう見られようと気にならなかったし、どうせ数日のことだった。
寿司屋のお店もお客も、そんな真っ赤な服を着て、マラを下げていても、誰も気にするふうではなかった。

しかし、日本に帰ってそんなカッコウをしていれば、そうはいかない。

アメリカから帰ってきたら、いきなり赤い服を着て、首から写真入りのロケットを下げていたら、気が違ったか、新興宗教に入信したのか、と思われて当然だった。

単に服が変わって名前が変わっただけなのに、まるでこれまでの全人生がすべて変わってしまったかのようだった。

何か、これで自分の人生も終しまいだ、と思えた。

いかに、これまでの人生が表面的なものごとでなりたっていたのかに気づいた瞬間だった。

それでなくても自分が誰かわからないでいたのに、それまでよりどころとしていた過去の自分もなくなって、ますます自分がわからなくなっていた。 

まさに、「私は誰? ここはどこ?」状態だった。

あまりにも自分がまわりとかけ離れてしまったので、同じように赤い服を着た人達のいるOSHOの瞑想センターに行くことにした。

ところが行ってみると、いつもは赤い服を着て、マラを下げた人達なのに、赤い服ではなく普通の服を着ている人たちがいた。

受付に行くと、「どうしてそんなカッコウしているの?」と聞かれる始末だった。

聞くところによると、1週間前にOSHOは「ノーマラ、ノーレッドクローズ」というふうに宣言したのだ、ということだった。

こんな服装をして、これからどうやって生きていくのだろうと、不安と緊張の入り交じった、張りつめていた気持ちがほどけ、安堵した気持ちがそこにあった。

OSHOがアメリカから国外退去を命ぜられ、ワールドツアーに出たと知らされたのは、それから1ヶ月もたたない頃だった。

OSHOはそのことを予見し、サニヤシンを守るために、その宣言をしたのだろうということはあとでわかった。

ソクラテスは毒殺され、キリストは十字架に架けられ、仏陀もそれまでの既存宗教からは異端児だったし、その弟子は迫害され、石を投げられ、殺された人たちもいるという。

歴史は繰り返される。

OSHOも、まさにそのような危険にあったということはあとで聞かされたことだったが、そんな危険を冒しながら、この世界に意識の革命をもたらしたのがOSHOの人生だった。

そのOSHOのまわりには、実にユニークで、素晴らしい人達、そして変わった人達が、世界中から集まってきていた。

あれほど楽しく、愛に満ちたすばらしい世界はこれまでに経験したことがなく、OSHOのまわりの世界はまさに別世界だった。

次回は、どんな人達がOSHOのまわりにいたのかということを、少し書いてみようと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村