OSHOの見たオームの文字

OSHOが私たちの前に姿を現し、ブッダホールで沈黙のなかで私たちとともに座るようになっていたころ、OSHOの身体はますますもろく、壊れやすくなっていきました。

そして、人が死ぬときにしか見えないという「オーム」というサンスクリット文字が、OSHOの目の前に見えるようになったというのです。

シュンニョは語ります。

“8月の終わり、OSHOは耳の痛みを訴えるようになり、結局 、親不知を抜くことになりましたが、 抜歯の傷は、なかなか癒えませんでした。

何度にもわたる歯科セッションがくりかえされ、そして、そうしたセッションのたびに、OSHOは自分の身体が今にも壊れそうな状態にあることを強調しました。

「私が地上に降ろした根は、だめになりつつある」と言うのです。

8月20日のセッションで、彼はこう言いました。

「これはほんとうに不思議なことだ。
オームの文字が目の前に見える。
オームの文字は死ぬときにしか見えないのだが」

セッションが終わったあと、彼は身を起こし、そのオームというサンスクリット文字をアナンドのノートに描き、私たちに見せました。

8月29日「青い色をしたオームの文字が、いつも私の目の前に見える」と、彼は言いました。

この日のセッションを私はよく覚えていますが、彼の言うことは、あまりにも空想的で突拍子もないと、そのときの私は思ったものでした。

OSHOが間近に追った死について話すのを、どうして受け容れられるでしょう。
私は思いました。
「そんなはずはないわ。私たちを光明に導くための方便にすぎないわ」

OSHOはブッダホールに現れ、私たちとともに座っていました。
そのあいだ、音楽が演奏されてはやみ、音楽と音楽のあいだには沈黙があります。

彼はこれを「ミーティング」と呼び、それにとても 満足していました。

「私はとうとう私の人々にめぐりあったように感じている。
いまここにいる人々はとてもすばらしい
」と、彼は何度も言いました。

「ミーティングはとてもすばらしい。
みんなはとてもよく応えてくれている。
これほど大勢の人々に、これほどのレベルで働きかけた人はこれまでいなかった。
音楽も私の好むようなものになった。まさしく私が求めるようなものだ。

私にはあと2、3日あればいい。
あと数週間ほしいなどとは言わな い。
そして、あなた方はみんな、私が肉体に留まっていられるように助けてくれなければいけない」

これは、ある歯科セッションのあいだに彼が語ったことです”

「和尚と過ごしたダイヤモンドの日々」 
      http://u111u.info/kBc1

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村