まず、自分自身を深く受け容れることだ

動物や小鳥たちを見てごらん
誰も悩んではいない
誰も悲しんではいない
誰も不満を抱いてはいない

混乱した水牛を見たことがあるかね?
水牛は日々同じ草を食みながら完全に満足して
いる 彼らは悟っているも同然だ

そこには緊張というものがない
そこには自然との、自分との
あるがままのすべてとの途方もない調和がある

水牛は世の中で革命を起こすために
自分たちを超水牛に変えるために
宗教的で有徳になるために党派をつくったりはしない

いかなる動物も
人間たちがつくったさまざまな理想には見向きもしない

動物たちはみな笑っているに違いない

「いったい、どうしたんだい?
 なぜ自分自身で、
 あるがままでいることができないんだい?
 ほかの誰かになる必要が どこにあるの ? 」

だからまず、自分自身を深く受け容れることだ

ゴールド•ナゲッツ

いろんな悩みや悲しみ、不満があったり落ち込んでいるとき、このOSHOの言葉に耳を傾けてみるといいと思うんです。

いろいろ悩んでいるとき、このOSHOの言葉を思い出す。

車の助手席に座っている犬を眺めてみる。

そういう犬を見ていていつも思うんですが、犬っていいなぁって思います。

何も心配しないでも、車運転してもらって、いい家に住んで、食事も飼い主が全部用意して食べさせてくれる。

飼い主は犬を飼っていると思っているかもしれないが、実は犬の方がご主人だったりして?

猫なんてさらに上をいっていて、ほんとに勝手気ままに振る舞っていて、膝の上に乗ってごろごろ喉をならしていたりすると、しびれが切れて、もう立ち上がりたいのに、猫のために我慢して座っていたりします。

まさにあるがままに振る舞っているのに、なぜか誰にも文句を言われない、どころかかわいがってもらえる。

そんな犬や猫から見ると、あくせく生活に追われて悩んでいたりすると、

「いったい、どうしたんだい?
 なぜ自分自身で、
 あるがままでいることができないんだい?
 ほかの誰かになる必要が どこにあるの ?」

って言われているみたいです。

結局、自分が悩んだり、落ち込んでいるときって、

「自分自身を深く受け容れること」

ができていないんだなぁ、って思います。

 ☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村