OSHOが語るミステリースクールのヴィジョン

今回のOSHOの話は、ミステリースクールのヴィジョンについてです。

OSHOは1985年にアメリカを出て、ほぼ1年間ワールドツアーで世界を旅し、1986年にインドのボンベイ(ムンバイ)に戻りました。

数ヶ月ムンバイに滞在したあと、もとのコミューンのあったプネに戻り、そこでミステリースクールを開設しました。

このOSHOのビデオでの質問は、ワールドツアーでウルグァイに三ヶ月ほど滞在したときになされたものと思われます。

質問はこうです。

  私たちはコミューンを試してきました。
  東洋と西洋の両方でです
  それは続きませんでした
  仏陀や他の光明を得たマスターたちは
  コミューンを作り それは続きました
  違いは何でしょうか?

質問者が、ここで述べている東西で試した2つの私たちのコミューンとは、1974年から1980年にかけてインドのプネにあったコミューンと1981年から1985年にかけてアメリカのオレゴン州に建設されたコミューンのことです。

OSHOは答えます。

  そもそも仏陀や他の光明を得たマスターたちは
  私たちが作ったようなコミューンを作ったことがない

その理由を詳細に説明した上で、OSHOは次のように語ります。

  誰も私たちが試したような
  コミューンを持ったことがない
  そしてその両方の実験は
  人類の本性に関して
  偉大なる洞察をもたらした
  だから失敗は何ひとつなかった
  私たちはたくさんのことを学んだ
  だから今 私はコミューンを作る気はない
  私は完全に違うものを作るつもりだ
  ミステリースクールだ

そこでOSHOは、ミステリースクールとはどういうものかについて説明します。

実は、現在日本のユニティインスティチュートでディレクターを務めているプラサードは、このインドのプネでOSHOの語っているミステリースクールのディレクターを務めていた人です。

そのミステリースクールで学んでいた私は、そのスクールを日本でも実現したいと思って作ったスクールがユニティインスティチュートです。
http://unityinstitute.jp/
もちろんOSHOがプネで設立していたものとは規模も形態も違ってはいますが、その香りを伝えることができればと思って設立したものです。

それはともかく、ここでOSHOはミステリースクールについての構想を語っていきます。

  そこで私のワークの新しい局面が
  ミステリースクールだ

OSHOは最後に、彼のものの見方の秘密を語ります。

そのものの見方とは、失敗さえも成功に導く、ものの考え方でもあります。

それでは、OSHOのミステリースクールのヴィジョンをお聞きください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。

  <垂直の次元に生きることを学ぶ>

  人類の進化と人間意識の進化は
  全く異なる二つの次元だ
  歴史の進展は時間軸によるが
  意識の進化は時間軸によらない

  私たちが見ることのできるあらゆる進化
  目に見えるすべての進化は水平だ
  しかし意識の進化は垂直だ
  それは目に見えない
  そしてそれが目に見えないのは
  それが垂直であるからだ

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村