神は解決ではなく、問題だ

「OSHO 神は存在しないと、本当に信じますか?」

というのが、今回のOSHOへの質問です。

OSHOは答えます。

  神が存在しないことを私は信じない
  神が存在しないことを、確かに私は知っている

OSHOが何を知っているかということは、直接聞いてください。

少しヒントだけを書いておくと、基本的には、もし神が存在していたら、もっと困難や問題を作りだして、この生もほとんど不可能になっていただろうから、存在しなくてよかった、ということを述べています。

OSHOのような観点でこの問題を語った人は今までいないでしょうから、そういう意味では新しい神についての見方を知ることができるでしょう。

これはOSHOがときどき話す神についての見方なので、すでにこのブログでOSHOの講話を聴いてこられている方には、すでにある程度予測がつく内容です。

それでは、神は存在しないというOSHOの答えをお聞きください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。それでも表示されない時は「設定」でJapaneseないし「日本語」を選択してください。
字幕が隠れて見えない時は,カーソルを画面から移動してずらすと、見えるようになります。

OSHOの新刊「死について 41の答え」

★新刊の目次および一部は、以下よりお読みいただけます
 ⇒ http://oejbooks.com/news/book1.html

★新刊の立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、「死について 41の答え」の一部を読んでいただけます。
 ⇒ http://oejbooks.com/newsletter/art_living_dying.html

この立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、書店で少し立ち読みしていただくような感じで、ページをぱらぱらめくりながら、その内容から、面白そうなところを拾い読みする感覚で、本の内容を読んでいただけるようにご案内しています。

紀伊国屋書店新宿本店3階(人文)OSHOフェア開催中
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/
OSHOフェア 好評につき、3月まで延長されました!
OSHOのさまざまな本、絶版間近な本などが置かれています。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村