セックスとは生命力

今回のOSHO講話は、セックスとは生命力にほかならない、というしごく真っ当なお話。

なぜ、OSHOがわざわざこのようなことを言わなければならないかというと、「セックス」というのは私たちのなかの最も重要なフォース(力)にも関わらず、その言葉を使うだけで、罪悪感を感じたり、何か悪いことをしている気持ちになってしまうので、「生命力」というふうに言った方がいいでしょ、ということです。

実際、このブログでも、「セックス」という言葉を使うだけでもちょっとためらわれるし、気を使います。

もともと宗教によって抑圧されたシステムの副産物のひとつとして、フロイトやアドラーやユングが必要になっただけで、もし宗教がなかったら、それらも必要でなかっただろう、とOSHOは語っています。

たったひとつの言葉にすぎないのに、そこにどれだけ多くの条件付けがなされてきているのかは驚くばかりです。

ことは生命力に関わる問題なだけに、そのことに罪悪感を持たされたり、悪いことをしている気分にさせられれば、自分を愛することさえ難しくなりますよね。

3分ほどの短い講話です。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。それでも表示されない時は「設定」でJapaneseないし「日本語」を選択してください。
字幕が隠れて見えない時は、カーソルを画面から移動してずらすと、見えるようになります。

OSHOの新刊「死について 41の答え」

★新刊の目次および一部は、以下よりお読みいただけます
 ⇒ http://oejbooks.com/news/book1.html

★新刊の立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、「死について 41の答え」の一部を読んでいただけます。
 ⇒ http://oejbooks.com/newsletter/art_living_dying.html

この立ち読みコーナーにご登録いただいた方には、書店で少し立ち読みしていただくような感じで、ページをぱらぱらめくりながら、その内容から、面白そうなところを拾い読みする感覚で、本の内容を読んでいただけるようにご案内しています。

紀伊国屋書店新宿本店3階(人文)OSHOフェア開催中
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/
OSHOフェア 好評につき、3月まで延長されました!
OSHOのさまざまな本、絶版間近な本などが置かれています。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村