怒りと瞑想

 瞑想とはより意識的になることであり、気づきをもたらすものである、ということがわかれば「瞑想」の定義はより多くの可能性をもち、瞑想の機会も増えることになります。

 単に坐禅をしたり、呼吸を見つめたり、ヨガのエクササイズをしたりして瞑想の境地を楽しむことだけが瞑想ではなく、日々日常のマインドや感情に気づきをもたらし、自分の行動に意識的になることも瞑想になるということがわかってきます。

 そうすると、無意識であるということがどういうことががわかるようになり、自分の無意識にも気づきの光をもたらすことができるようになってきます

 そういうふうに瞑想するということの定義を広くすると、OSHOの本の読み方も変わってきます。

 OSHOの本にはいたるところに瞑想のヒントが散りばめられてあり、彼の講話を聞くこと、読むことそのものが瞑想になってきます。

 あるときOSHOの本を読んでいて、「くしゃみ」に気づきをもたらす方法のことが書かれてありました。

 つまり、くしゃみに気づきをもたらすと、くしゃみが消えるというのです。

 それもくしゃみがやってきて、ごく微妙な段階で気づく必要があり、それがすでにそれとわかるほどに大きくなると、もはやそのくしゃみを止めることができなくなるけれども、ごく微妙な段階に気づきをもたらせば、くしゃみを押さえようとするまでもなく、自然に消滅する、と。

 それを読んだ私は「これは面白そうだ」と思って、くしゃみを瞑想にすることにしました。

 それからは、くしゃみが出そうになったときには、そこに気づきの光をもたらす、ということをゲームのようにしてくしゃみの瞑想をやっていた時期があります。

 そうすると、確かに十分早い段階でくしゃみがやってくることに気づいたときには、くしゃみは自然に消えることを発見しました。

 実は、このコツは感情に瞑想するときにも使えるのです。

 例えば、怒りを感じたとします。

 OSHOは「ネガティブな感情は気づきをもたらせば消える」というふうに話しているのを読んだことがあります。

 そして怒りがやってきたときに、それが小さい段階で気づけばそれは消えるけれども、その感情が大きくなってしまってからだと、気づきが強くないとその感情を止めることが難しくなり、たいていは怒りをぶつけてから気がつく。

 でも、その怒りに気づくように練習していくと、最初は怒って、相手に怒りをぶつけてから気づくけれども、しだいに気づく段階が早まって、自分が怒っているときにそのことに気づくようになり、さらに練習していくと、怒りの感情がやってくるごく初期の段階に気づくようになる、と。

 そしてそれはちょうどマッチの火を吹き消すようなものであり、マッチの火だと簡単に吹き消すことができるけれども、それが大きくなり、他のものに燃え移るほどに火が大きくなると消すのが難しくなるようなものだ、と。

 これはやってみるといいと思いますが、まさにその通りであることがわかります。

 最初は怒りを相手にぶつけてから、あとで後悔し、そのうちに怒っているときに自分が怒っているのに気づくけれども、その怒りは止めることができません。

 それはなかなか面白い経験です。「あ、自分は怒っている」っていうことに気づきながら、わかっていても止められず怒っているのです。

 でも、そのうちに、気づきがあるときには、「あ、怒りがやってきている」というエネルギーに気づくようになります。そしてそのエネルギーを観ていると、それがそのまま過ぎ去っていったり、小さな怒りのときはそのまま消えていったりするときもあります。

 そうすると、自分の感情を抑圧するのではなく、瞑想とともにだんだんそれらの感情に対応することができるようになっていきます。

 そのように自分の感情に距離をおいてみることができるようになっていくと、怒ってもいいし、怒らなくてもいいし、それは自分の選択なんだということにも気づくようになってきます。

 そうなると、自分が幸せでいることもできるし、不幸せになることもできるし、それも自分の選択なんだな、ということもわかるようになってくるので、人生は深刻なものではなくなり、もう少し気楽なものにもなってきます。

 そうすると、人生には辛いことや悲しいことはもちろんあるけれども、それはジェットコースターにのっているようなもので、怖いときには、キャーッと叫ぶことを楽しめばいいだけだっていうふうにも思えます。

 だって、でなければお金を出してジェットコースターに乗ったりホラー映画を見たり、悲しくなる小説を読んだりしませんよね。

 そういうふうに気づくことをゲームにしていけば、人生も小説を読むように楽しめるようにもなるのでしょう。

 マニーシャは、彼女自身の怒りについての瞑想のプロセスを、以下のように書いています。

 「私は、怒ると自分に何が起こるのかについても、より意識的になっている。

 まず第一に、怒ることによって得るものがあるからこそ、怒っているときは気づきを失い続けるのに違いないと思えた。

 私のある部分はまだ怒っていたいし、怒り続けるためには、無意識でなければならない。

 怒ったとき、何を得るのかをつきとめようとして、私は自分の感覚を見つめる。そして私は激怒に伴うアドレナリンのラッシュを楽しんでいる自分を発見する。

 それは、私は強い、私は正しいと思うパワーのうねりだ。 だがそのラッシュ、自己正当化の怒りの熱は、長く続かないことに気づく。それはほんの数秒、数分、ときに数時間続くこともあるが、必ず消える。

 そのあとには、苦い味、閉じて分離した感じが残る。そして私自身の幸福からの分離、尊厳を失ったという意識も残る。

 最近は、正面衝突を避けるために、自分のエネルギーを方向転換できることもある。またあるときは、ロシアの神秘家ゲオルギー・グルジェフの方法を思い起こす――。

 反応を表現するま で24時間待つというものだ。このテクニックは必ず成功する。

 それは決して、私自身の気分を楽にする方法ではない。なぜなら、相手に自分の感情を投げつけないので、私の中に残って、ちくちくと刺す。

 ただこの刺すような痛みを見つめ続けるときもあれば、話を聞いてくれる友達を見つけて、自分の感じていることを話す必要があるときもある。

 共感してくれる人に話を聞いてもらうことで、重荷を下ろし、問題の核心と、なぜ私がそう反応したかについてより意識的になる。

 少しずつ憤りは消え、よりはっきりした光の中で状況を見ることができる。そうして鬱積した感情を解放したあとには、苦い味は残らない。

 24時間後、もし必要と感じれば、怒りの引き金を引いた人のもとへ行き、より冷静にその人と話すことができる。

 以前、私が怒りを表すことの根拠のひとつは、「あるがままに生きている」ということだった。

 私はそれに美徳のラベルを貼っていた。近頃は、このあるがままとは、たいてい単なる無意識の衝動にすぎないのではないかと感じている。

 おそらく常に全面的に覚醒している者、光明を得ている者のみが、真の意味においてあるがままでいられるのだろう。

和尚との至高の瞬間

 ☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村