OSHOの半生が映画になりました

OSHOの少年時代から青年時代かけての人生が映画になりました。

OSHOは子供時代、素朴な質問と人生の本質的な質問をまわりの大人になげかけて、大人たちを困らせていました。

青年時代は、大人たちや世間の欺瞞を容赦なくあばく反逆児でした。

そしてその彼の真摯な探求の疑問に答えられる人は誰もおらず、すべての希望を失い、絶望の暗闇を体験します。

ある日、彼は決心します。

「私の生を終らせるか、答えを見いだすかだ」

いに彼は答えを見いだします。

悟りによって変容をとげた彼は、その悟りの香りを世界に伝えるようになっていくのです。

「反逆の花」(Rebellious Flower) とはOSHOのことで、その反逆の花が花開いている物語が、彼の子供時代のエピソードをもとに、豊かで美しいインドの風景を背景に織りなされる物語です。

英語の字幕を簡単に翻訳したものを書いておきますね。

「おばぁちゃん、どうしてマインドは質問ばっかりしつづけるの?」(彼は子供の頃は祖父母のところに預けられて、育てられています)

「なのにどうして、マインドは正しい答えを得られないの?」

「息子よ(son)、正しい答えを得られるまで、問いつづけるのを止めちゃダメよ」(あれ、sonってことはお母さんか?)

「最後には、いつか、問いつづけることで質問に打ち勝つ時がくるわ」

「どうして聖者はひげと髪の毛をのばしているの?」

「あなたは地獄を見たことがあるの? 神様に会ったことがあるの?」

「おじいちゃん 仏陀はニルヴァーナを達成したって言われているね。

ニルヴァーナってなんなの?」

「私の狂気は増し、質問も膨れ上がっていった」

「ときには 自分の答えを求めて、スーフィーの人たちのところを尋ねた」

「そしてときには、サドゥ(放浪する修行者)のグループの人たちと行動をともにした」

「私は究極の秘密を理解しようと試みた」

「しかし、彼らの死んだ言葉には、答えはなかった」

「彼らは話すだろう。。。彼らは説明するだろう。。。彼らは見せるだろう。。」

「ババ、私はあなたより若い。どうして、あなたは私の足に触れるのですか?」
(ババ、というのは聖者などを呼ぶ敬称。足に触れるのは、
マスターの足下に触れるという意味)

「あなたへの敬意の印だ。悟りを得るものへの敬意の印だ」

「その人生、その神秘家の旅は、流れる川の詩だ。
そして彼の洞察は、流れる水の歌だ。」

「母親よ 今からちょうど一ヶ月後に、

私はラジャ(彼)をバラット(インドの地名)への旅に連れて行きたい」

「これから先は おまえは、ひとりで歩むのだ」

「黄金の未来がおまえを待っている」

「私は、そのいくつかを理解することができた」

「しかし、底の知れない、多くの秘密があった」

「ゆっくりと、ひとつづつ、私の疑問は、私へと戻りはじめた」

「私はすべての希望を失った」

「ある日、私は決心した。私の生を終らせるか、答えを見いだすかだ」

「おまえは変容をとげた」

「おまえの顔の輝きがそのことをすべて物語っている」

「おまえの目には、永遠の平安が映し出されている」

「行って、あなたの至福と知恵を、全世界へと降り注ぎなさい」

日本語版の映画が公開されています。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村