生は生きるべき神秘だ

「生は問題ではなく 生きるべき神秘だ」

OSHOの言葉は、そのひと言ひと言が、詩のように心に響きます。

1970年代の、いわゆるオールドプーナの時代のOSHOの講話です。
画像は見にくいですが、貴重な映像です。

OSHOへの質問はこうです。

「生に対して何らかの姿勢を持つことは大切ですか?」

OSHOは語ります。

  生を逃す一番の方法は
  生に対して 特定の姿勢を持つことだ

  姿勢はマインドからやってくる
  そして生はマインドを超えたものだ

  姿勢とは 私たちの作りごとだ
  私たちの偏見だ でっちあげだ

  生は私たちの作りごとではない
  その逆に 私たちは生という
  湖の波紋にすぎない

  いったいどんな姿勢を
  波紋が大海に対して持てるというのかね?

  どんな姿勢を 草の葉が
  地球に対して持てるだろうか?
  月や 太陽や 星に対して持てるだろうか?

  あらゆる姿勢はエゴに基づく
  あらゆる姿勢は愚かだ

  生は哲学ではない
  生は問題ではない
  生はミステリーだ
  あなたはそれを生きなければならない

OSHOの詩を、お聞きください。

日本語の字幕付きです。字幕が表示されない時には、画面の右下の「字幕」表示のためのアイコンをクリックして日本語表示を選択してください。それでも表示されない時は「設定」でJapaneseないし「日本語」を選択してください。
字幕が隠れて見えない時は、カーソルを画面から移動してずらすと、見えるようになります。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村