マスターの仕事

マスターとはどういうことをする人なのか?

マスターというのは、私が実際に会って知っているのはOSHOだけです。

禅の伝統では、まず自分のマスターを求めて、寺から寺へと渡り歩く伝統があるといいます。

私もいろいろと本を読んで、これはと思う人がいたら、会いにいったり、話を聞きにいったりしたものです。

その一環で、OSHOの本を読んで、この人にはぜひ会ってみたいと思い、当時(1985年)アメリカにいたOSHOに会いに行ったのでした。

当時はまだOSHOの本も、日本語で出版されている本は限られていたので、日本語の本では足りず、英語の本を取り寄せて、手に入る本はほとんど読んでいたのでした。

そのころの私は、OSHOのことはすごいと思うけれども、弟子の人たちはちょっと自分とは人種が違うようなので、弟子にはならないでおこうと思って会いに行ったのでした。

でも、OSHOに会ってしまうと、そういうわけにはいかず、結局自分が本当に求めているものを得るには、弟子になるしかないとわかったので、弟子になってしまった、という経緯があります。

ですから、最初はOSHOのことを頭で理解しようと試みて、結局その限界を思い知って弟子になったという経緯があるので、教師と生徒の関係、マスターと弟子の関係、というのはよくわかります。

もともとが懐疑派なので、たいていのことは疑ってかかり、自分で納得するまで検証する方なので、OSHOの言葉も自分の体験にてらして検証もするのですが、実際の自分の体験に照らしてみても、OSHOの言葉には嘘がない、と感じます。

  マスターは教えない
  彼は実証する
  彼の存在全体が
  ひとつの実地証明(デモンストレーション)だ
  彼は新しい次元をひらく
  そしてそのいくつもの次元を通して
  その新しい展望台
  新しい窓を通して「見る」ようにと
  あなたがたを招く

  マスターは実地に示す
  教えはしない
  たとえ教えたとしても
  それはあなたがたの知性を説得して
  ものごとがまったくちがって見えるような
  マスターの窓にまで来させようとするためだ

  その上 マスターとは
  最高の技に達していなければならない
  つまり人間の<ハート>にかかわる技だ
  というのも それに関しての問題は
  なんとも微妙で
  しかもひじょうに複雑に込み入っているからだ

OSHOとは、まさにそういう人なのです。

ときどき、情報としてはとんでもないようなことを語りますが、でも、そのなかにも必ずある真実があります。

頭で聞いていると、「え!その情報は間違っているでしょ」と判断しますが、ハートで聞くと、その語られていることのなかに、ある真実が伝わってきます。

マスターに出会うには、まさにハートで出会うしかありません。

ハートで出会うことのメリットは、ハートでは時空を超えているということです。

私は、仏陀に会いたくて、マスターを捜しました。

そしてOSHOに出会ったのですが、OSHOに出会ってわかったことは、今も仏陀にも出会えるし、キリストにも老子にも出会えるということです。

そしてOSHOとは、今も出会っています。

ハートでつながりさえすれば、時空を超えて古(いにしえ)のブッダと出会うことができるのです。

OSHOはその道を教えてくれたのです。

前置きが長くなりました。

マスターはどういう仕事をする人なのか?

OSHOは語ります。

  この神話は美しい
  これは多くのことを語っている
  一つは 何百万人のなかから
  <覚醒>に達することができるのは
  一人しかいないということだ

  それともう一つ
  覚醒に至ることも実に困難なことだが
  それ以上の困難があることを
  あなたがたに話したいと思う

  <覚醒>を得るのが何百万人のうち
  たった一人だとすれば
  マスターになることができる人は
  何千人かの覚醒者のうち一人ぐらいしかいない
  マスターになるというのは
  ほとんど不可能に近い

  自分が覚醒に至るためには
  自身に働きかけるだけでいい
  自分の内部の障害や壁へのはたらきかけ
  どっちにしても自分自身への
  はたらきかけだけですむ

  しかし マスターになるためには
  他者の内部の障害や壁に
  はたらきかけなければならない

  自身にはたらきかけることすら
  大変なことだというのに
  他者にはたらきかけるなどということは
  もう不可能に近いことだ
 
  覚者(ブッダ)は多く存在したが
  覚者がマスターになることはめったにない
  ゴータマ•ブッダの名前が有名なのは
  そのマスターとしての存在によるものだ
  無数の覚者が彼以前にもあらわれたが
  彼らはマスターではなかった

    「あなたが死ぬまでは」より
  http://oejbooks.com/products/dtl_3.html
  
この講話が語られたのは1975年4月14日。

OSHOが弟子を取りはじめ、西洋からの人々がOSHOのもとに集まりはじめたのが、1974年ごろからなので、この講話は、その集まりはじめた弟子たちに向けて語られています。

この講話の翻訳者ナルタンは日本人のOSHOの弟子の先駆けですが、彼女がこの講話を翻訳しているのは、おそらく、彼女はこの講話を実際にOSHOの前で聞いたのでしょう。

私がOSHOの講話の「道元」を翻訳したときも、その講話が私がOSHOに送った「英訳正法眼蔵」について語ってくれたものだったからです。

そのナルタンはOSHOの身近にいて、日本人の通訳者だったので、OSHOからOSHOの本を翻訳するように言われながら、ずっと抵抗し、最初に訳したのが禅の公案について語った「草はひとりでにはえる」でした。
http://oejbooks.com/products/dtl_1.html

そして、そのあとに訳したのがこの「あなたが死ぬまでは」のスーフィーの講話です。
http://oejbooks.com/products/dtl_3.html

ナルタンはこの講話を聞き、そしてそのなかに、何か自分のなかに深く受け取るものがあったのでしょう。

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村